豆粒手まりが誕生するまでの道のり・・その1


豆粒手まりと勝手に名づけていますが、直径1.3cm~1,5cmの小さな小さな手まり・・

完成までの道のりをご紹介します。

中身はティッシュペーパーでも何でもいいのですが、私はフレグランスサシェやお香を砕いたもの、バスボールを砕いたものなど香りの良いものを使っています。

ティッシュペーパーは2枚組になっていますが、2枚だと香りがあまりしないので1枚にします。
1枚を4分の1に切り、ほんの少しの香りの元を包んで地巻きします。

とても小さいので地巻きする時は爪を立てて、でもあまり力を入れすぎると歪になるので力加減をします。
手前の黒いのが地巻きが済んだものです。

次回は地割りです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャックと豆手鞠

Author:ジャックと豆手鞠
手まり作りを始めたのは2003年からです。
まだまだ作りたいものばかりです。
手まりに癒され、手まりに励まされ、日々手まりと共に生活しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR