6つ薔薇作り直しました


先日のミシン刺繍糸の6つ薔薇、色合いがどうも気になって、最後のピンクをクリーム色にかがり直しました。
それでもなんだかパッとしません。
手持ちのミシン刺繍糸では、理想の色合いが出せなかったという事にしましょう。

IMG_4030.jpg
イングリッシュローズのアブラハムダービーです。
IMG_4044.jpg
上写真の翌日にはこんなに花が開きます。

IMG_4058.jpg
オールドローズのマダムハーディーだったでしょうか?
何年も前に植えた苗なので名前すら忘れてしまいましたが、大きくなり花も年々多く咲く様になりました。

IMG_4057.jpg
IMG_4035.jpg
一番のお気に入りはピエール ドゥ ロンサールです。
マダムハーディーと、ピエール ドゥ ロンサールは年に1度しか咲かないので、両方一緒に咲く今が一番庭が賑やかです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ピンク色を解かれたのですか?

出来上がった手まりを解いて かがり直される
大変な事ではないですか?
 でも、納得いくようにしたい気持ちは、みなさん同じですものね(^_-)-☆
黄色からクリーム色へのグラデーションは安心できる色の流れと思うのですが、
ジャックンさんの理想とは違っているのですね。
薔薇写真の1枚目のような色合いだったのかしら(´-`).。oO
アブラハムビーダー 咲き始めと次の日では別の薔薇のようですね。
ピエールロンサール、見事で、大好きな色合いにワクワクします。
ジャックンさんのお庭は、四季折々のお花が育てられていて素敵です。
花の季節にちゃんと咲いてくれるのは、愛情をかけて育てた甲斐があって
 いいですね~♪

Re: ピンク色を解かれたのですか?

クロにゃんこさんこんばんは。
いつもありがとうございます。
ミシンで縫ったものを解くより楽だと思いますが、やり直しても理想の色合いになりませんでした。
うちの薔薇は丈夫で手間要らずのものばかり生き残りました(笑)
以前はもっと沢山の種類を育てていたのですが、病気になりやすいものは処分してしまいました。

先日、お花を育てるのが上手な70代の男性とお話しをしたのですが、「花は手間をかけた分だけ綺麗に咲いてくれるからいい。
孫は言う事を聞かない」ですって。
確かにお花は手間をかけた分だけ綺麗に咲いてくれますもんね。
私は病気に弱いものは育てられないですし、他の植物に移るので丈夫な種類しかうちでは生き残れないみたいです。

重厚感のある薔薇になりましたね。

花弁が幾重にも重なる重厚感のある薔薇に変身しましたね。
『大奥』に登場する女性(イメージは浅野ゆう子さん)が着ている様な豪華絢爛な打掛を連想してしまいました(^v^)

生の薔薇も綺麗ですね~。
育ててみたいと思いながら、一度ミニ薔薇を枯らしてから私とは相性が悪いのではと思い、よそ様のお庭の薔薇を見て楽しんでいます。が、ピエール ドゥ ロンサールは憧れの花です。
独特の姿形に貴婦人の趣があり素敵ですね~(*^-^*)

Re: 重厚感のある薔薇になりましたね。

リュウママさんこんばんは。
いつもありがとうございます。
重厚感、嬉しいです。
細い糸を幾重にもかがりましたが、なんだかくすんだ色を選んでしまったみたいです。
おとなの女性の落ち着いた着物のイメージに捉えていただけたなんて光栄です。
綺麗なお花はおよそで見せてもらうに限りますね。
雨が降れば花びらが傷んでしまうのが心配ですし・・
ピエール ドゥ ロンサールは私も雑誌で一目惚れして苗を探しました。
病気にかかりにくく、丈夫で育てやすいので、機会があれば是非おすすめの薔薇です。
プロフィール

ジャックと豆手鞠

Author:ジャックと豆手鞠
手まり作りを始めたのは2003年からです。
まだまだ作りたいものばかりです。
手まりに癒され、手まりに励まされ、日々手まりと共に生活しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR