試み

IMG_2569.jpg
いずみVさんに「外側の黒もかがっているんですか?」というコメントをいただきました。
外側の黒い部分が一番面倒なのです。
上写真は包みボタンの枠ぎりぎりまでかがった状態です。
IMG_2577.jpg
外側の黒い部分をかがり始めました。
IMG_2576.jpg
これで完成です。
外側の黒い部分は角度があって糸がズレて透けて見えてしまうので、透けない様にびっちりかがるのに手間がかかるのです。
一番上写真の状態で終わらせてもいいのですが、この方が良いかな?と思います。
IMG_2579.jpg
今回作ったのが上、下はビタミンカラーなのですが、ちょっと違うのお判りでしょうか・・
一色の段数を変えているんです。
上のものは一色の段数が多いので色数が少なく、下のものは一色の段数が少ないので色数が多いです。
上の方が歪みにくいのが利点、下の方が繊細・・でも歪みやすいのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スゴい手間ですね。

最後のクロのかがりは本当にびっしりとかがって凄い手間がかかってますね。やっぱり最後まで手を抜かず集中してやらないとダメなんですね。集中力半端ないですね(^o^)パチパチパチ・・

ステンドグラスの薔薇は凄く隠れている部分の多いので感嘆してましたが最後の部分はスゴっとしか言いよう無いですね(@ @)

二つ並べると上の薔薇はモダンな感じで下の薔薇は花びらの枚数が多いイングリッシュローズみたいな華やかな優しさ感じられますね。
ステンドグラスの薔薇見てこの間モダンローズからオールドローズまでネットで勉強させて貰いました(^o^)
良い勉強になりました。

ありがとうございます

がんもさん、こんばんは。
いつもありがとうございます。
包みボタンはほんの少しの綿が入ってますが、すぐに金具に針が当たるのでかがりづらいんです。
手まりだったら針が入りやすいので、さほど手間に感じないのですが・・
本当に、花びらが多いとイングリッシュローズみたいですね。
がんもさんお勉強熱心です!
うちのイングリッシュローズは手入れをさぼっていたら咲かなくなってしまいました・・オールドローズは一季咲き、春しか咲いてくれないのが残念です。

No title

今回の方が明るいですし段数も違うのでよりハッキリとして判りやすい感じがしますね。

どちらかと言うと今回の作品の方が私は好きです。

ありがとうございます

ボーズさん、こんばんは。
コメントをどうもありがとうございます。
見る方によってお好みが違うんですね。参考になります。
今回の方が私も作りやすいので、これでもOKなら気が楽です。
はっきりとした感じになるかも知れないですね。
貴重なご意見いただきありがとうございます。

ギリギリをかがる、凄いですね!

トップ写真を見て、試みとあったので 菊のように先端まで全て花びらが見えるようにされるのかな?
と思っていたら、外側の黒をかがるところを紹介してくださったのですね。
色糸が見えなくなるように、丁寧に埋め尽くされて見とれてしまいました。

歪んでしまう、と言われる繊細な薔薇は 本物の花びらの重なりのようで、自然な感じがしていいなと思うので歪みとは思わないです。
段数の多い方は、存在感があって 大好きな色がいっぱい使われているから
 ときめいてしまいました(*^-^*)

ありがとうございます

クロにゃんこさん、こんにちは。
いつもありがとうございます。
写真では分かりづらいと思うのですが、段数が少なく色数が多い方は形を修整する間もなく次の色にしなければいけないので、一色の幅が均等にならない事が多いんです。
それが歪みですね。
ピンク紫系がお好きでしょうか・・ときめいてくださったなんて嬉しいです。

さすがの!

ほんとに細かい手仕事ですね。どちらも素敵ですが どちらか、と聞かれたらやはり段数?が多い方が繊細できれいです。p(^-^)q

ありがとうございます。

めぐみんさん、こんばんは。
お久しぶりですね。
こちらにも来て下さり嬉しいです。
もしかしてブログ書かれてますか?
是非アドレスお願いします。

一番下写真の上は段数が多く角ばって、下は段数が少なく細かいです。
繊細に見える方がいいですね。参考になりました。
どうもありがとうございます。
プロフィール

ジャックと豆手鞠

Author:ジャックと豆手鞠
手まり作りを始めたのは2003年からです。
まだまだ作りたいものばかりです。
手まりに癒され、手まりに励まされ、日々手まりと共に生活しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR