制作工程

IMG_2263.jpg
2層仕立て?の菊の制作工程です。
12等分に地割りして、まず下の層をかがります。
IMG_2261.jpg
上の層をかがり途中です。
IMG_2267.jpg
上の層をかがり終わりましたが、短い花びら(上の層)の地割り線が気になります。
IMG_2274.jpg
地割り線を外すとすっきり。
IMG_2280.jpg
長い花びらと短い花びらなので、その空間を松葉の様にかがりました。
帯もシンプル仕上げです。
IMG_2281.jpg
中心に金糸で松葉かがりを入れて完成です。
直径約24ミリです。
IMG_2245.jpg
庭の渋柿で干し柿を作っています。
今日で5日目。
この写真は数日前の晴れた日に写しました。
青空に橙色の柿、なんだか平和だな・・と感じる光景です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

始まりから完成の制作工程は♪

コメントを見る前の印象は、クリスマスの雪とポインセチアでした。
2枚目、紺と白のコントラストも素敵だな、次の変化はどうなるんだろう?
ワクワクです(^^♪
12等分の菊の手順はこうされるんだ、と興味深く拝見しました。
そして、まりんさんとの創作手まりの時も思った事です、地割線を外せることに驚いています。
完成の菊は、ピンクの縁取りと緑の松葉が美しいですね~*
行程を見せていただけるのは、知らなかったことを教えてもらえた気持ちになり嬉しいです。

柿渋だけでなく干し柿も作られているのですね、凄いなぁ~*

ありがとうございます

クロにゃんこさんこんにちは。
いつもありがとうございます。
確かに、ポインセチアとか雪のイメージもしますね。
そろそろポインセチアもいいですね。
地割り線を生かす手まりもありますし(桜とか)
帯を巻いて千鳥かがりをする事が多いですが、空間を利用して松葉にしたら見栄えがしました。
制作工程を知って見ていただけるとまた違いますよね。
興味深くご覧いただき嬉しいです。

渋柿、干し柿にすれば食べられますので、そんなに手間はかからないです。
皮を剥いて消毒して吊るすだけ♪
この柿は食べた柿の種を植えて育ったのですが、甘柿だったのに渋柿しか実りません・・
プロフィール

ジャックと豆手鞠

Author:ジャックと豆手鞠
手まり作りを始めたのは2003年からです。
まだまだ作りたいものばかりです。
手まりに癒され、手まりに励まされ、日々手まりと共に生活しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR