包みボタンにかがりました

IMG_1770.jpg
IMG_1797.jpg
写真では分かりづらいかも知れませんが、手まりではなく包みボタンにかがりました。
大きい方は直径約28ミリ。
タイヤー絹手縫い糸 17,71,139,142,144
オリヅル絹手縫い糸 1,19,22,133

小さい方は直径約23ミリ。
タイヤー絹手縫い糸 17,105,138,139、141、142
オリヅル絹手縫い糸 22,143
IMG_1792.jpg
包みボタンは厚い布は不向きなのですが、薄手の綿生地だと目が粗いので密集しているフェルトがいいみたいです。
フェルトは厚いのでなかなか合体できません。
外れない様に、合体させる時はボンドを使っています。
半円なので地割りも手まりと違ってきます。
五角形の薔薇なので、ボタンを付けた時に上になる場所に待ち針を打ちます。
これは真上に五角形の角が来る様にです。

IMG_1790.jpg
それから五角形の型紙をあてて、待ち針を打ちます。
待ち針をガイドに10等分に割りました。
あくまで自己流です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スゴイですね。

手毬風くるみボタン(なんて言ったらわからないのでこんな言い方でごめんなさい)スゴイですね\(^o^)/
技法もすごく大変そうですけど作ってしまうジャックと豆手鞠さん職人さんですね♪♪
黒地にくっきりと薔薇が映えてもの凄く綺麗ですね。最高!!

インコさん元気に飛び回っているようで嬉しいです。
アップして頂いて有難うございました。

ありがとうございます

がんもさん、こんばんは。
先日はどうもありがとうございました。
眺めていて「もしかしたらこの輝きはスワロ?」と恐ろしくなりました。
材料費だけで凄い事になります。
それなのに2羽もいただいてしまい、すみませんです。
本当にありがとうございました。

以前、すずめ工房さんが手まりを半分に切ってボタンにしてましたが、切る時にかがった糸が歪んでしまわないか・・とても気になっていました。
切らずにそのまま使ってもらえるものは出来ないかとずっと考えていました。
委託販売が終了して気持ちの余裕も出来たので、試作しています。
すずめ工房さんに売り込もうかと思っています(笑)

ボタン素敵ですね~*

包みボタンに、かがられたお花がどれも見事です!!
薔薇のグラデーションにうっとりしました。
ステンドグラスの色合いがモダンで、黒いコートのボタンを付け替えたりしたらお洒落ですね。

私も手まりを半分に切るって、糸が解けないのかな?
と心配でした、これはとてもいいアイデアだと思います。
くるみボタンに刺繍、というのはあるけれど、手まりは無いですもの絶対に注文がきますよ(^_-)-☆

ありがとうございます

包みボタン、初めての試みだったので手まりとは違う部分も多くて、慣れるまでにかがり辛かったです。
布にかがるというのも初めてですし、下はすぐに金具ですし、地割りも正確には出来ません。
でも、意外と布の方が地巻き糸の様に緩むことなくしっかり留まってくれるので良い事も知りました。
今、量産してますので、まとまったらショーケースにアップさせていただきますね。
プロフィール

ジャックと豆手鞠

Author:ジャックと豆手鞠
手まり作りを始めたのは2003年からです。
まだまだ作りたいものばかりです。
手まりに癒され、手まりに励まされ、日々手まりと共に生活しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR