十二菊 紫系

CIMG5542.jpg

十二菊はいろんな色でかがっています。

紫系は2種類です。
似た様な色合いですが、2種類かがりました。

まだまだ道のりが長いですが、少しづつ進めたいと思います。

柿のジャムがおいしいと聞いたので、庭の渋い柿で作ってみました。
渋柿は干し柿にすると甘くなりますが、渋い柿を煮詰めてジャムにしても渋さはそのまま(笑)
大失敗でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素敵ですね(*^_^*)

ずっと拝見だけしていて書きそびれてしまいましたが、十二菊と言うんですか?これは完成したら重厚感のある大作になりますね♪
(*^_^*)(*^_^*)

ピンクの十二菊の時に 地割りを載せていらしたので『こういう風に刺していくんだ?』と言うのを見せて頂けて大変勉強になりました。
小さなものはこの地割りだけでも大変そうですね・・・(*_*;

この何か月かの間に、ユザフレの方でも皆さんの色々な作品を拝見させて頂きましたが、手鞠と言う一品に集中して色々な技法で毎作品『魅せて』くださるのはジャックンさんだけだと思い、まさに職人の域だなぁ、と感心しています<m(__)m>

大きさ、デザイン、糸の種類、かがりかた・・・それぞれが違うと何通りもの手鞠が生み出されるのですね(*^_^*)(*^_^*)

この十二菊、ピンク、紫とかがり方と糸のグラデーションが美しくってこの次は何色だろう?ととっても楽しみです(^^♪

手鞠の奥深さをまた見せて頂きました♪

ありがとうございます。

まりんさん、こんばんは。
コメントをどうもありがとうございます。
ショーケースでは完成したものしかお見せできませんが、こちらは工程を見ていただけて嬉しいです。
ひとつのまりに十二個の菊をかがるので十二菊です。
他の手芸もしたいのですが、仕事を持っていると制作時間がどうしてもとれません。
それなので、一番好きな手まりだけにしているんです。
プライベートな事ですが、私は独り身なので老後少しでも収入につながるもの=手まり職人としてがんばらないとと思っています。
また見てくださいね。

楽しい!!

渋柿をジャムに・・・・発想が楽しい(^o^)
でもお砂糖をいっぱい入れて煮詰めるとなんか甘~~~くなりそうな気持凄く解ります(^o^)

十二菊は菊花かがりが大好きな私のとって夢のようなかがり方ですね☆☆☆
糸が撚りが入った太い糸のように感じますがそれでこんなに立体感が出るのでしょうか??
グラデーションも凄く綺麗だし十二輪の菊が艶やかに飾る手毬は豪華絢爛で煌びやかでしょうね。
手毬一つで色内掛け見てるような気持ちになるでしょうね☆☆
出来上がり楽しみに待ってます。

ありがとうございます。

がんもさん、こんばんは。
甘くないリンゴもジャムにするとおいしくなるので・・と渋い柿で試してみたのが馬鹿でした(笑)
甘い柿でも加熱すると渋みが戻るらしいですね。

十二菊は普通の菊とかがり方ふが違うので、ゴム編みみたいに見えませんか?
初めてかがる技法ですが、普通の菊より広がりがあって可愛らしい丸になる気がします。
糸もリリヤンを太く解いたものを使っていますので、立体的に見えるのかも知れないですね。
色打掛に例えていただいて、感激です。
仕事が忙しくなり、なかなか完成できませんが、また見てくださいね。
プロフィール

ジャックと豆手鞠

Author:ジャックと豆手鞠
手まり作りを始めたのは2003年からです。
まだまだ作りたいものばかりです。
手まりに癒され、手まりに励まされ、日々手まりと共に生活しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR