大切な絹糸で麻の葉

CIMG5188.jpg
CIMG5187.jpg
CIMG5189.jpg

もう1年以上前になりますが、下写真の絹糸をいただきました。

日本刺繍用の撚っていない絹糸です。

ある方のお母様が使っていたそうですが、日本刺繍を辞められてしまって使わないから・・とくださいました。

勿体なくて使えませんでした。

撚る練習をしたのですが上手く撚れなく、そのままの状態でかがりました。

秋冬は手荒れが酷くて、撚っていない絹糸は荒れた指で毛羽立ってしまいます。

今しかない!と手荒れがまだ酷くならないうちにかがる事が出来ました。

紫、濃いピンク、淡いピンク、肌色、青緑、水色、それに白でラインを入れました。
白だけは撚った絹糸です。

見る角度によって見え方が違いますので、3枚撮ってみました。

こちらは直径33ミリのちょっと大きめです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

綺麗ですね♪

優しい色合いで綺麗ですね(*^_^*)(*^_^*)

絹糸の光沢は本当にうっとりするほど綺麗ですね(*^。^*)
撚ってある白糸と生のままの糸の光沢の違いも楽しめますね♪

色見本の様に綺麗に並べてあると、眺めてはニコニコ(*^。^*)しちゃいますね(^^ゞ(*^_^*)

ありがとうございます

まりんさん、こんばんは。
コメントをどうもありがとうございます。
撚っていない絹糸なので、玉虫みたいな光沢が出ました。
でも、撚っていない絹糸はふわふわと指に絡みついて扱い辛かったです((笑)
こうして糸を眺めているだけで綺麗なので、使うのが勿体ないのです・・
プロフィール

ジャックと豆手鞠

Author:ジャックと豆手鞠
手まり作りを始めたのは2003年からです。
まだまだ作りたいものばかりです。
手まりに癒され、手まりに励まされ、日々手まりと共に生活しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR