子持ち吉原文様もどきのかんざし

CIMG4928.jpg
CIMG4904.jpg

木曜時代劇「吉原裏同心」でよく目にする「子持ち吉原文様」もどきの手まりを作りました。

左が子持ち吉原文様、右は環つなぎです。

大きさ、地割り、使用糸の色、かがる段数はすべて同じですが、技法が違うので違う柄になります。

本当の子持ち吉原文様は少し違うのですが、似た柄の浴衣の写真です(一番下写真)


以前お願いしましたFacebookのマエダアメダさんのいいね!、皆様のおかげで目標の1000いいね!達成いたしました。
ご協力いただきました皆様、どうもありがとうございました。
https://www.facebook.com/maedaameda?fref=ts
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

見ましたよ(@ @)

昨日「吉原裏同心」見ました。

綺麗な手まりが出てましたね。
古典的な模様ですごく華やかで画面の中でも目だっていましたね。

やっぱり良いなあと改めて思ってしまいました。
ジャックンさんのおかげでただ眺めるものだったのが身近に思えて嬉しいです。

「子持ち吉原文様」もじっくり見てしまいました(@ @)(^o^)

私も見ました!

吉原裏同心、第一話録画し損なったので見ていなかったのですが
昨夜、初めて見ました!

花魁さんの簪や着物、小物等、ドラマもユザフレさんならではの見方になっていきますね(*^^)v

和の物は良いですね(*^_^*)

子持ち・・・もやはり浴衣地?で出てきましたね(^^♪

歌舞伎も見に行きたいなぁ、って思いました!(*^_^*)

ありがとうございます

がんもさん、こんにちは。コメントをありがとうございました。
吉原裏同心見ていただけましたか・・嬉しいです。
実は昨日の放送は録画してまだ見ていないんです・・
早く見たいです!
静止画でじっくりチェックして、作れるものなら作りたいと思います。

まりんさん、こんにちは。コメントをありがとうございました。
見どころ満載ですよね。
時代劇は古典文様の着物などが見られますので、手まりの参考にもなります。
子持ち吉原文様は、はっぴの裾にも大きい柄で付いてますね。
歌舞伎、見た事がないですが、一度見てみたいです。
プロフィール

ジャックと豆手鞠

Author:ジャックと豆手鞠
手まり作りを始めたのは2003年からです。
まだまだ作りたいものばかりです。
手まりに癒され、手まりに励まされ、日々手まりと共に生活しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR