日光へ逃亡


三が日まで仕事だったので、4日から日光へ現実逃避の旅に出ました。

うちに居ると家事や仕事の電話で休めないので、年に一度現実から逃れてホテルに籠りひたすら手まりを作る事にしています。

今回の旅では黄色い桜と青い菊しか完成しませんでした。この2つは行き帰りの車中でかがったものです。
乗り換えで30分待ち時間があったので待合い室でかがっていると、熟年のご婦人が「何をしてらっしゃるの?」と声をかけて興味深そうに見ています。
私「手まりなんですよ」ご婦人「金沢で見たわ。指ぬき。」小さいので指ぬきと思われたみたい。
ご婦人「3000円もするのよ」私「指ぬきは手間がかかるからそのくらいはしますよね」
作らない方には高いと思われるみたいですが、作る側から見ればあんなに手間のかかる指ぬき3000円でも安いかも・・
ご婦人「これはどうするの?」その時自分で着けていた桜の手まりペンダントを見せて、「こういう風にペンダントにするんです」と言うと「なるほどね。」と手に取って眺めていました。
そんな会話をしているとご婦人が乗られる電車が来て「お邪魔してごめんなさいね」と丁寧に去っていかれました。
帰りの車中でも40代くらいの女性に「小さいですね」と声を掛けられました。
「桜なんですよ」「綺麗ですね」などほんの一駅だけ会話をして「お先に失礼します」と丁寧に言っていただき「お気をつけて」と返すと「そちら様もお気をつけて」と笑顔で言っていただきました。
手まりを通じて見ず知らずの方と会話が出来て、手まりに興味を持っていただけた事がとても嬉しかったです。
私は人付き合いが苦手で、人付き合いを避けてきましたが、こういう出会いをすると人付き合いもいいかも・・と今になって思い始めています。

一緒に写っているのは「とんぼ玉根付けみくじ」というとんぼ玉の根付けが入っているおみくじです。

いろいろなとんぼ玉の種類があり、どれをひくか分からないのが面白いところ?300円でした。

おみくじは大吉♪でも商売は利益が薄いとの事・・消費税アップで仕入れ値が上がるので現実的になりそうです(笑)
CIMG3283.jpg
こちらは直径9ミリの手まりです。

12個地巻き、地割りすると4時間半かかってしまいました。

小さいものは集中力が要ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャックと豆手鞠

Author:ジャックと豆手鞠
手まり作りを始めたのは2003年からです。
まだまだ作りたいものばかりです。
手まりに癒され、手まりに励まされ、日々手まりと共に生活しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR