子持ち吉原文様もどきのかんざし

CIMG4928.jpg
CIMG4904.jpg

木曜時代劇「吉原裏同心」でよく目にする「子持ち吉原文様」もどきの手まりを作りました。

左が子持ち吉原文様、右は環つなぎです。

大きさ、地割り、使用糸の色、かがる段数はすべて同じですが、技法が違うので違う柄になります。

本当の子持ち吉原文様は少し違うのですが、似た柄の浴衣の写真です(一番下写真)


以前お願いしましたFacebookのマエダアメダさんのいいね!、皆様のおかげで目標の1000いいね!達成いたしました。
ご協力いただきました皆様、どうもありがとうございました。
https://www.facebook.com/maedaameda?fref=ts
スポンサーサイト

素敵な贈り物

CIMG4885.jpg
CIMG4892.jpg

ビーズ作家のG様より、とても素敵な贈り物をいただいてしまいました。

見た目も涼やかで可愛らしいビーズドレス、お揃いの帽子、富士山と波のダイナミックなストラップ・・

どれも幾つビーズを使われているのだろう??と思うほど、細かいビーズを使われて手間のかかるものばかりです。

夏のお嬢さんというイメージのドレスはブルーのグラデーションが綺麗で、裾のレース部分はレースの模様の様になっています。

帽子なんて100円玉サイズです・・可愛い・・

富士山と波のストラップは「富獄三十六景」をモチーフに作られたそうです。
波の迫力と、夕焼け空のなんともいえない色合いがお気に入りです。

実物は写真より遥かに美しいです。

とても手間のかかる素晴らしい作品をいただきまして、G様どうもありがとうございました。


マエダアメダさんのFacebookのいいね!にご協力いただき、どうもありがとうございます。
引き続きどうぞよろしくお願い致します。





https://www.facebook.com/maedaameda?fref=ts

Facebookご協力のお願い


Facebookをされている方にお願いがあります。

ある方が今月中に1000いいね!を獲得しないと、会社をクビになってしまうそうです。

こちらにいいね!をしていただけると嬉しいです。
https://www.facebook.com/maedaameda?fref=ts

マエダアメダくん、この方、大好きな小山薫堂様の運転手をされている方です。

今は、味覚糖さんから新発売される飴の宣伝の為、あちらこちらで寒いギャグを披露しています。

若くて頑張っている方なので、応援したいです。


豆粒手まりの菊、2組出来ました。

大粒は直径約10ミリ、小粒は直径8ミリです。

豆粒イヤリングとピアス

CIMG4878.jpg

画像が暗いですが、豆粒手まりでイヤリングとピアスが1組づつ出来ました。
左がイヤリング、右はピアスです。

梅干し、干し上がりました。
これから寝かして年が明けるた頃、落ち着いておいしくなります。
塩が浮いて見ているだけで唾液腺が刺激されます。

菊のかんざし

CIMG4872.jpg
CIMG4873.jpg

直径約22ミリの手まりで、上掛けで菊をかがりました。

小さな手まりは分割数と糸の太さでだいぶ印象が変わってくるため、繊細なイメージで少し細かい12等分絹糸1本どりでかがりました。

手まりは芯が発砲スチロールなのでとても軽いです。

梅雨明けしましたので、早速昨日から梅の土用干しを始めました。

仕事場の玄関先で干しているので、網戸越しに梅の良い香りが漂って・・この香りだけでご飯3杯食べられそうです。

青い麻の葉ネックレス

CIMG4729.jpg

少し前に作ったのですが、こちらに載せるのを忘れていた様です。

青濃淡6色でかがり埋めた麻の葉のネックレスです。

直径約22ミリです。絹糸で全面かがり埋めた贅沢な手まりです。

青と銀の組み合わせが大好き・・自分用にしたい・・と思いながら布絲木さんへ納品させていただきました。http://fushigi-work.com/index.html

モノトーン手まり納品

CIMG4854.jpg
CIMG4853.jpg

先日のモノトーン手まり、直径8~9ミリのものはピアスとイヤリングにしました。

他の少し大きめのものは、つぶし玉を付けた状態で委託販売をしてくださる「クラフト工房823」さんへ納品しました。

ネックレスやストラップに仕上げてくださると思いますが、違うジャンルの作家さんの手によってどんなものに変身するのか楽しみです。

モノトーン手まり

CIMG4833.jpg
CIMG4832.jpg

このところモノトーンの手まりを作っています。

上は直径13ミリ前後です。

下は直径8~9ミリです。

モノトーン・・なんだか涼しげな気がします。

モノトーンの手まりは、色合わせで迷う時間が少なくて済むのが良いところ。

白、黒、グレー、金、銀だけなので、選択肢が少なく迷わないのです。

去年、種を取っておいた朝顔、今年も元気に咲いています。

毎朝、雨戸を開けるのが楽しみです。

思いがけない贈り物

CIMG4827.jpg

某手芸サイトで、Tさんの3000番目の訪問者だったそうで、素敵なブレスレットをいただきました。

ビーズ作家のTさん、めがね留めという技法で幾つものビーズを繋いで作ってくださいました。

どうしてこんなに同じ大きさ形に揃うのでしょう・・お見事です。

このブレスレットはTさんの工夫で、画期的な作りになっています。

着け易い様に小さな磁石を使われて、万が一磁石が外れてしまっても落とさない様にチェーンが付けられているんです。

これはイイ!です。

私もブレスレットを作りましたが、この工夫を真似させていただきたいと思います。

Tさん、どうもありがとうございました。


庭でみょうがを発見しました。
みょうがと卵のすまし汁を作りました。

百歳のお祝い手まり完成

CIMG4806.jpg
CIMG4807.jpg
CIMG4811.jpg

百歳のお祝いに制作させていただいた手まりが完成しました。

片面に「百歳」、もう片面にお名前の「治郎」さんを入れました。

空間には「鶴」「亀」「松」「竹」をかがりました。

白地に白い鶴は目立たず・・輪郭を淡いグレーでかがり、なんとなく鶴らしき感じになりました。

これから手まり用の座布団を作って、お渡ししたいと思っています。


このところ、体に堪える暑さです。
見てくださっている方、ご無理されません様ご自愛くださいませ。

素敵な贈り物

CIMG4787.jpg

誕生石のガーネット(スターガーネット)シトリン、ルチルクォーツなど相性の良い石を組み合わせて、素敵なブレスレットをいただいてしまいました。

好きな色やサイズを尋ねていただいて、沢山試作してくださり、その中から我儘にも選ばせていただきました。

誕生石はガーネットと知っていましたが、こんなにおとなっぽい深い色のガーネットは初めて拝見しました。

実は以前作りました「あじさいのネックレス」が販売するには難ありだったので、M様にもらっていただきました。

まるで海老で鯛を釣ってしまいました。反省です。

M様、本当にどうもありがとうございました。

百歳のお祝い

CIMG4771.jpg
CIMG4777.jpg

ご近所の方が百歳を迎えられました。

ご自身で歩けるくらいお元気です。

百賀祝いの紅白まんじゅうをいただきました。

早速おいしくいただき、寿命が延びた気がします。

何かお祝いをさせていただきたい・・と手まりを作る事にしました。

ジャックと豆手鞠オリジナルのお名前入り手まりです。

片面にお名前と片面に百歳の文字を入れます。

難しくはないのですが、図面を作るまでがちょっと大変です。

パソコンで漢字を作ってプリントアウトして、それを方眼紙に写します。

方眼紙を拡大コピーしてからカッコイイ字体になる様に輪郭を書きます。

真ん中写真が出来上がった図面です。

この図面通りに金糸を巻いていきます。

豆粒手まりアクセサリー完成しました

CIMG4764.jpg

先日の41粒の豆粒手まり、ピアスとイヤリングになりました。

上がピアス、下がイヤリングです。

こちらは布絲木さんに置いていただく予定です(すべてではないかも知れませんが)

布絲木さんは木曜日と土曜日のみ開店しています。

このサイズの手まりは(直径8ミリ~10ミリ)布絲木さんでしか見る事が出来ませんので、是非実物をご覧になってください。
http://fushigi-work.com/index.html

一段落

CIMG4687.jpg

確か5月にご依頼いただいていた豆粒手まり、なかなか納得いくものが出来ずに今頃になってしまいました。

今日、ご依頼者様に見ていただき、2組もご購入いただきました。大変お待たせ致しました。

早速着けてくださり、喜んでいただけてホッとしました。嬉しいです。

あとの豆粒はイヤリングとピアスに仕上げます。ぶら下がるタイプとかビーズを付けるとか・・アクセサリー店で偵察してきます。

マルコポーロという百合が咲き始めました。芽出し球根で100円というバカ安いお値段だったのですが、1本から6つもつぼみをつけてくれました。
淡いピンクの線が入っています。雨に当たるとダメになってしまうので、切り花にして飾っています。

やっと出逢えた

CIMG4646.jpg
CIMG4647.jpg

八重の桔梗があると教えていただき、ずっと探していました。

八重のつぼみはどういう構造になっているのだろう・・と観察しましたが、多分五角形の風船の様なつぼみが二重になっているのでしょう。

上から開きかかったつぼみ。
       ↓
だんだん開いていき
       ↓
開花です。

なんとも可愛らしい・・めぐり逢えて嬉しいです。

早速植え替えてあげました。根がぎっしり詰まっていました。

プロフィール

ジャックと豆手鞠

Author:ジャックと豆手鞠
手まり作りを始めたのは2003年からです。
まだまだ作りたいものばかりです。
手まりに癒され、手まりに励まされ、日々手まりと共に生活しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR