豆粒手まりのアレンジ


先日作った直径11㎜の手まり、実はこの楕円形の枠に合わせる為に作りました。

楕円形の枠の幅は12ミリ。

ピッタリサイズです。

こちらはピアスにしました。


続きを読む

スポンサーサイト

今までで最小手まり


だんだん小さくなって、今までで最小・・直径11㎜の手まり。

上のブルー系のは直径15㎜。

小さくなればなるほどバランスが取り辛くなる。

黄色い方は歪んでしまったので自分用?にしては派手・・



時計草


時計に似ているから時計草らしい。

この子は手が掛からない。

水遣りとたま~に肥料をあげるだけ、それなのに毎年咲いてくれる。

うちに来て10年になる。

御殿鞠の房


総角結び(あげまき結び)に房を付けました。

結び・・大の苦手です。

房作りも・・パスできるならしたい・・でも、御殿鞠に房は不可欠・・

大きさバラバラながら何とかクリアできました。

続きを読む

お人形さん用手まり 3つ


創作和紙人形作家N様ご依頼の手まり、一応これで最後です。

3つ作ってお人形さんに合うものを使っていただくつもりです。

最後に作った赤地のは「三つ羽根亀甲繋ぎ」という縁起の良い手まりです。

挿し木の薔薇


薔薇の花束をいただいた時に挿し木にしてついた薔薇。

大好きだった方からいただいた薔薇。

昨夜の雨で濡れて瑞々しい。

お人形さん用手まり  完成


☆を重ねた様な文様の手まりが完成しました。

直径3㎝強、円周約10cm。

10等分の組み合わせなので☆が12箇所。

何故か緑の水玉をかがるのが1番難しかった。
ちいさなスペースに正六角形はなかなか上手くいかない。

ちいさなものを撮影するのも難しい。
何度撮り直してもボケてしまう・・

手乗りバッタ


最近よく見かけるちいさなバッタ。

ちいさいカマキリも・・

カマキリの卵は毎年同じ場所に産みつけられている。

バッタの卵は見た事がない。

ちいさいとなんとも可愛い。

お人形さん用手まり B面


反対側の面です。

こちらは華やかで目を惹く色合いにしました。

お人形さん用手まり A面


お人形さん用の手まりその2です。

古典的な2つ菊を20等分でかがりました。

両面違う色にしたので、お人形さんの雰囲気に合う面を上にできるかな?と思います。

こちらは静かで控えめ色です。

梅干し 完成


土用干し3日目。干し上がりました。

塩の結晶が表面に付いています。

瓶に入れて年明けまで待てばおいしくなります。

瓶に入れていたら小学生の帰宅時間で、7,8人の子供が「梅干しだ!」「梅を干すから梅干しなんだよ~」と寄ってきました。
男の子「その赤っぽいのは何?」私「赤紫蘇の葉っぱだよ」皆「?」私「ふりかけとかにするとおいしいんだよ」
男の子「食べたい!」私「ほら」と紫蘇の葉を差し出すと、男の子「いいのかな?」皆「こういうのはいいんじゃない?」どうやら知らない人からもらったものを食べてはいけないと言い聞かされている様子。
ひとりの子が手を出すと皆で手を出し、ほんの少しづつ試食。
男の子「おつまみにいい!」とか言ってる。
「これ食べながら帰りたい」と催促される。
「しょっぱいからあんまり食べると喉渇くよ」と言うと「しょっぱくないよ」と片手に乗せてあげた赤紫蘇を食べながら帰って行った。
若い頃は子供が苦手だった。
歳を負うごとに丸くなったのかなぁ・・

お人形さん用の手まり 続き


紫で☆を12箇所かがり終えて、上の☆の色で迷いまくっています。
これだ!という色合いが出来ない。

室町~江戸時代の設定だと思うので、古典的な色合いにしたいのですが・・

いい案が見つからない時は一休み。

この手まりはひとまずお休みさせて、もうひとつの手まりにとりかかります。

土用干し


毎年梅雨が明けると、土用干しをします。

今年は梅雨が短く例年よりだいぶ早く梅雨明けしたので、もう少し待ってから干した方がいいかも・・と思いながら、仕事の都合を考慮して干してしまった。

夕方には赤紫蘇がパリパリになり、梅もかなり乾いた。

お昼にひっくり返すと柔らかいふわふわな手触り・・かわいい。

手塩にかけるという意味が分かる。

3日3晩・・というけれど、日あたりが良ければ2日くらいでも充分。

もう少し干して様子をみよう。

仕事をしていても、梅とお日さまが作り出すいい香りが風に漂って来る。

懐かしい子供の頃の思い出の香り・・

あさがお 道端で・・


この子は道端で逞しく咲いていたあさがお。

誰が管理するでもなく雑草のごとく自由に咲いていた。

誰かのものでもなさそうなので、種を失敬・・

それから数年毎年咲いてくれます。

逞しさに勇気をもらいます。どうもありがとう。

あさがお 線入り


一昨年、Yさんにいただいたあさがおの種。

去年咲いてくれて、種をとって今年も咲いてくれました。

凛と咲く姿は浴衣美女という雰囲気です。

Yさんどうもありがとうございます。

あさがお 水色


去年、Nさんからいただいたあさがおの種。

大輪の花を咲かせてくれました。

明るい水色の真ん中は可愛らしいピンクです。

Nさんどうもありがとうございます。

アブラハム ダービー


イングリッシュローズのアブラハム ダービー。

この薔薇は季節や咲く順番によって色が変わります。

冬に剪定して、咲き始めはオレンジかかったこの色・・この色が大好きです。

冬に沢山休んで力を溜めて、その力を一気に出した様な色。

沢山咲かせて疲れてくるとピンクの花が咲きます。

挿し木でついた株なので余計に可愛いです。
プロフィール

ジャックと豆手鞠

Author:ジャックと豆手鞠
手まり作りを始めたのは2003年からです。
まだまだ作りたいものばかりです。
手まりに癒され、手まりに励まされ、日々手まりと共に生活しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR