入手できました


瓶細工手まり用の瓶、入手できました。
インターネットで探して、中国から取り寄せたので時間はかかりましたが手に入れられて安心しました。
先日の瓶より一回り大きい10センチくらいあります。
瓶の口も大きいので楽に作れそうです。
レビューに「割れていた」とかあったのでもし割れてしまったら・・と思い、5個注文しましたがすべて無事。
海外からのものは以前、割れて届いた事があるのでダメモトで注文しましたが、丁寧に梱包してくださり嬉しかったです。
IMG_5268.jpg
まだまだ接骨院通いが続いています。
接骨院まで歩く間で、狂い咲きしている梅を見つけました。
お向かいの河津桜も狂い咲きしていますし、今頃の時期は春と似ているので植物も勘違いしてしまうのでしょうか・・
でも、先日も桜を見られたし、今日も梅を見られて嬉しいです。
IMG_5273.jpg
ツワブキも咲いていました。
IMG_5277.jpg
朝は雨が降っていましたが、お昼から気持ちの良い快晴。
小学校のコスモスも見頃でした。

今日は11月1日。
わんわんわんの日。
21年前のこの日にわんちゃん美容室を開業しました。
何もお祝いしませんが、当時の事を思い出しています。
一番目のお客様にすっぽかされて途方に暮れた事。
この先やっていけるのだろうか?と不安でいっぱいだった事。
お客様のおかげで21年間続けてこられました。
本当に感謝です。
スポンサーサイト

瓶細工手まり


刺し子糸の手まりが途中ですが、瓶細工手まりを作りました。
先ずは土台を作ります。
瓶細工手まりは後で中身を取り出すので、晒を細く切ったものを芯に使います。
膝の治療に使っていた包帯がありますので、膝を痛めた記念?に作りたくなりました。
包帯を芯にして、毛糸、ロックミシン糸の順に巻きます。
ビニール袋に入れて包帯の先とビニール袋を取り出せるようにします。
IMG_5113.jpg
地割りをして普通にかがります。
IMG5198.jpg
かがった糸がズレない様にしつけをします。
IMG_5197.jpg
右に赤いリリヤンで印をつけてあるのが「へそ」です。
へそから包帯を出すので、その部分は穴があります。
その為、片面は花びらの長さを変えています。
IMG_5204.jpg
中の包帯を引き出したところです。
IMG_5205.jpg
ぺしゃんこに潰して瓶の口からねじ込めます。
この段階はとっても辛いです。
せっかくかがったものをこんなに崩してしまって、再生できるの?!もう、不安でいっぱいです。
IMG_5210.jpg
形を整えて中に綿を入れて、しつけを外し、ズレてしまった糸を直して完成しました。
瓶の口が2,3センチしかなかったので、ねじ込んでぎりぎり入り安心しました。
刺繍糸でかがったので、リリヤンよりはズレなかったのでよかったです。
もっと作りたいのですが、この瓶がもう販売されていないので残念です。
プロフィール

ジャックと豆手鞠

Author:ジャックと豆手鞠
手まり作りを始めたのは2003年からです。
まだまだ作りたいものばかりです。
手まりに癒され、手まりに励まされ、日々手まりと共に生活しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR